学舎の埃

photo.jpg

一体全体、今の今まで、何を見てきたんだろう、と、自分の脳天を詰りたい時がある。
なんとまぁ、知らない事の多さよ。
しかしながら、憂いても何の役も立たない私なのだから、生き恥晒しながらも、少しでも学んで、生み出したい。
もうとうに、気付いているのだ。
興行に出来ない事は。
唯、誰に求められてなくとも、そんな事とは関係無い所から、
沸き起こる表現の欲求に我が心は従うのみ。
仕様が無いじゃないか。
創りたいんだもの。
松井優子

<< January 2022 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
recent comment