再生誕

photo.jpg

今、私の瞼は腫れている。
思えば、歌う前に腹ごしらえのピンボケ写真を撮った時は、嵐の前の静けさだったのだ。
忌むべき、ささやかな自信とちっぽけなこだわりは、棄てたつもりだったのに。
なのに、歌う回数を重ねるごとに、良くみせたい欲という、醜さが生まれて育った。
こんなにも憎んでいたものを自分が孕んでいる悔しさよ。
そして、込み上げてきた涙と共に膿みは流れた。
まっさらな気持ちで歌ったファーストテイクが、この物語の声だったのだ。
勇気を持て!
そのままを表現することに!
ありがたいことに、私は

音符を操る音楽家や、
美しく妖しい写真で、心臓を鷲掴みに出来る天才、
夢で見た絵を描く絵描きや、
針と糸で痛みを突き刺してくれる芸術家、
生と性は何たるかを考えさせてくれる存在や、
病気と向き合う勇気を持ってる人、
それを支えている人、
無償の愛をくれる人や、
曇りない純粋な瞳で私を見てくれる人を知っている。
私の知らない私を教えてくれる、
彼らや、
貴方がいなければ、
嗚々!私はなんとつまらない人生を生きていたことか!
生かしてもらっている私のいのち。
ありがたくて、ありがたくて、ありがたくて。
破り捨てた殻を燃やして歌ったら、
少しは世界が変わるかもしれない。
少なくとも私の宇宙は蠢き、生と死を絶えず繰り返し始めた。
私の歌物語を聴いてほしい!
世界中に広がっていけ!
松井優子

<< January 2022 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
recent comment