ミルク

photo.jpg

〈撮影:Fujii yuiさま〉
朝晩はもう肌寒いから、温かいカフェオレを飲もうと思って、カフェオレボオルにミルクを注いだ。
その刹那、手が滑って、ミルクは見事にひっくり返った。
滴る白い雫。
受け入れられない光景を、ただ呆然と立ちすくみ、凝視する。
刻一刻と状況は悪化していくのに。
小学校の給食でよく、誰かが牛乳瓶をひっくり返し、教室が騒然となるのを思い出した。
あの雑巾の匂いといったら・・・。
些細な事をいつまでも覚えているのね。
松井優子

<< January 2022 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
recent comment