呼吸

photo.jpg


自分でも可笑しいけれど、
もうこんな気持ちになる事ないと思うような、
焦燥感や孤独感や劣等感の泥の沼。

まだまだ私はもがきたい。諦めたくないんだ。
それは未来に向けての期待。


毎日美しさについて考える。
おかしみのある私の丸顔は美しくなく、
いずれ皺くちゃになる。

自分を惨めたらしているものは、紛れもなく自分であって、
他人はそれ程、興味などないものだ。


儚い物を本当に嫌悪していた思春期の頃から、追い求めているのは変わらない。



私は歌う事を見つけなかったら、滅裂していた。
それでぎりぎりの処で、自己を保っている。



だから、息をしないと死んでしまう。


深く深く歌う。


それだけが、生き延びる方法。



老婆



<< February 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
recent comment