鳳凰

Image772.jpg

うだる夏。
浅草に鰻を食べに行ったらば、
スタアの手形がようけあるぢゃないか。
ひばり様。
小さな掌は、美しい空を舞ったのですか。
私も、ちゃんとした歌がうたえるように、なりますように。
松井優子

僕の子猫ちゃん

Image765.jpg

二匹が一体化
君達に憧れる愚かな人間を嗤っておくれよ。
産毛はふわふわだった。
生まれたて、は皆似てるのにね。
松井優子

郷土の森

府中の郷土の森にある、プラネタリウムに「ハヤブサ」を観に行った。


郷土の森に行ったの初めてだったのだけれど、すっごく素敵な所!
こんな場所があるなんて。
森の中に古い歴史建造物が沢山。




20100705-1kuyakusho.jpg

この建物、役所です。
今もこんな素敵なら、面倒な手続きも楽しいのに。




20100705-chouchou2.jpg


町長に就任しました。





20100705-kama3.jpg


台所もあった。
こんなの、TVでしか見たことない、と興奮!






20100705-kaidan4.jpg





20100705-kanyu5.jpg


隣の建物は薬屋さん。
肝油って昔食べてた。歯にくっつくのよね。








20100705-yakubin6.jpg



美しい薬壜棚。





20100705-puraretium7.jpg


やっとプラネタリウム。
この投影する機械の名前がプラネタリウムという事を初めて知りました。

ハヤブサ人気で大勢の方がいた。
私もにわかファンです。


プログラムのナレーションでも言っていたけれど、
人間の中に宇宙があって、人間の持つ可能性の凄さに圧倒されました。
あんな壮大な事を計画して、しかも実際にやってのける、なんて。
人間は凄い。



生と死を常に孕む宇宙。
考える度、震えて恐ろしい。
人間そのものなのかもしれない。









松井優子

御礼

Image755.jpg

先週の金曜日の夜
青山でお会いした全ての皆様へ御礼申し上げます。
shleepsの辻さん
DJの香織さん
PAの葛西さん
お世話になりました。
呼んでくれてありがとう。
楽しかったですー。
shleepsのファンの皆様。新参者で失礼致しました。
久しぶりの方々にも会えて、嬉しかったなぁ。
卵白の砂糖で出来たお城は、早くもぶっ壊す時が来るのです。
新しい世界のお話よ。
たぶん。
松井優子

ライヴします

Image751.jpg

ナルニアの最後の戦いが終わった。
寂しい、さみしい、サミシイ。。
はやく、はやく、新しい物語を紡がなければなりません。
口先ばかりの己を恥じる。
お知らせが急になってしまいましたが
最近知り合ったbonobosの辻さんのソロプロジェクト「Shleeps(シュリープス)」のライヴに数曲、ゲストボーカルとして参加する事になりました。
詳しくはHPのライヴ情報をご覧下さい。
松井優子のライヴではない編成なので、私もドキドキ、ワクワク、ハラハラしております。
もし、金曜日の夜、青山近辺にいるよって方は遊びに来て下さい。
ちなみにshleepsの出番は1番目です。
では。おるヴぉわーる。
松井優子

<< May 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
recent comment

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114