バレリーナ

photo.jpg

〈撮影:Fujii yuiさま〉
天才写真家Fujii yuiさまに撮って頂いたお写真を、またお届け致します。
本当にいつも夢みたいに楽しくて、ふわふわしたひととき。
バレリーナになりたかったなぁ。
松井優子

ミルク

photo.jpg

〈撮影:Fujii yuiさま〉
朝晩はもう肌寒いから、温かいカフェオレを飲もうと思って、カフェオレボオルにミルクを注いだ。
その刹那、手が滑って、ミルクは見事にひっくり返った。
滴る白い雫。
受け入れられない光景を、ただ呆然と立ちすくみ、凝視する。
刻一刻と状況は悪化していくのに。
小学校の給食でよく、誰かが牛乳瓶をひっくり返し、教室が騒然となるのを思い出した。
あの雑巾の匂いといったら・・・。
些細な事をいつまでも覚えているのね。
松井優子

魔女の夕べ会

photo.jpg

たのしいたのしい夕べ会。
mm氏の作るごはんが美味しすぎて。
ありがたすぎる仲間との幸せな時間。
もう老婆は涙脆くてかないません。
ごめんなさい。。
わたくしめみたいな者に、力を貸してくれるみんな。
みんなの力を還元できるような人になりたい。
老婆めには、勿体無い程、素敵な仲間だから、恐縮すると同時に、
やっぱり胸は高揚する!
みんなと素敵な事を企む!目論む!
とにもかくにもいい作品を完成させる事。
それを皆様に披露する事。
わたしの唄よ、広がってゆけ。
どうしようもないこんな狂った女を、曇り無い眼で、みてくれて、そしてそこに居てくれて、本当にめるしー。
追伸:
いつも場所を提供してくれるおK様、是非ともエグゼクティブプロデューサーに就任して下さいませ。
松井優子

「soda」

photo.jpg

天才写真家Fujii yuiさまの写真作品
「soda」
手に入れたのは、ちょうど一年前位。
一年前は、この素敵な作品を撮る方とご一緒できるとは思ってなかった。
それから、
ミュージシャンのみんなや、色んな素敵な人達にも出会った。
この幸運に感謝しなくちゃ。
めるしー、を大切に。
それを思い出させてくれた。
やっぱりこの作品だいすき。
松井優子

硝子のむこう

photo.jpg

「ピーターパン」を書いたジェームス・マシュー・バリーが、文学を志してスコットランドからロンドンに出た時、
ポケットには何シリング(当時のイギリスの通貨)も入ってなかったという。
「ピーターパン」を発表した時も、常軌を逸してると言われて。
もしも不安から逃れる日が来るとしたら、それは命の火が消える時。
どんな風にいっても、逃れられないのだから、
それまでは、ただひたすら対峙するしかない。
わかってる筈なのに、何度も何度でも打ちのめされる。
脳たりんはすぐ忘れるから、どうしようも無い。
スノードームの中はキラキラ美しくて、安心だけれど、外から観たいから。
松井優子

<< May 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
recent comment

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114