硝子のむこう

photo.jpg

「ピーターパン」を書いたジェームス・マシュー・バリーが、文学を志してスコットランドからロンドンに出た時、
ポケットには何シリング(当時のイギリスの通貨)も入ってなかったという。
「ピーターパン」を発表した時も、常軌を逸してると言われて。
もしも不安から逃れる日が来るとしたら、それは命の火が消える時。
どんな風にいっても、逃れられないのだから、
それまでは、ただひたすら対峙するしかない。
わかってる筈なのに、何度も何度でも打ちのめされる。
脳たりんはすぐ忘れるから、どうしようも無い。
スノードームの中はキラキラ美しくて、安心だけれど、外から観たいから。
松井優子

犬歯

photo.jpg

「籠の中の乙女」
原題・Dogtooth(犬歯)

を観る。ギリシャ映画ってもしかしたら、初めてかも。

久しぶりに飽きないで、釘付けになった。

こうやって不完全な人間は神の真似事をする。
向かう先はいずこ?

松井優子

フォールイン

photo.jpg





photo.jpg





スープが美味しくなる季節。早く来い。来い。

お友達からの手紙は宝物。
私がちゃんと世の中に存在している事を思い出させてくれる。

誰だって必要とされている事、確認したいもの。

冷たい風を頬に感じる切なさを秋に求めるの。
ヴェルレーヌ気取って、落葉蹴散らすぜ。


松井優子

視線

photo.jpg




青山ピンポイントギャラリー 樋上公実子さま個展
「美女と小獣」

沢山のオリエンタルビューティーの視線が交錯する空間。
私は、ただただうっとりと見惚れるだけ。

樋上さまは相変わらず、ご自身の描く絵から抜け出してこられたかの様に美しく。


美しい絵を堪能した後、樋上様との会話をさせて頂き、身に余る光栄に胸が一杯いっぱいの老婆。
サインして頂いた購入した本は家宝!

幸福そうで、絶望していそうな、女の子の眼差しが今でも私を捉える。


松井優子

そういえば昨夜の月は綺麗だった

photo.jpg

ライヴに遊びに行ったら、
ミュージシャンの皆に会えた!
嬉しいなぁ。。
早くまたみんなと、音楽作りたい。
ワクワクワクワクワクワク。
月並みな言葉だけれど、
出会いは宝物だな、と最近よく思う。
新しく出会った人も、
ずっと、応援してくれる人も。
私を助けてくれたみたいに、
私も助けられたらいいなぁ。
松井優子

<< October 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
recent comment

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113