どうしてお婆さんのお耳は

photo.jpg

有り得ない事を存在させるは、人間だけが持つ発想力なり。
脳内は銀河。どこまでも遥かなり。
そこにあると、信じるのみ。
それに引き換え、たまに機械さまは、文字化けして下さります。それ故に更新出来ず。
何故?融通きかん。
松井優子

向こう側へ

photo.jpg

振り返った図書館の巨大な本棚には、まだまだ未知の膨大過ぎる知的財産が詰め込まれている。
その事実に、半ば途方に暮れ、半ば心踊る。
私の人生は向こう側にあるの。
松井優子

メルシーメルシーメルシー

photo.jpg

今日も変なお天気。
(天気の話題から、導入したら立派な老婆への第一歩。)
有難い、有難い、お言葉しっかり頂戴致しました。
こんな老婆めには、勿体無き事にございます。
貴方さまのお言葉で、私は動いてます。
折角のお手紙さんは、今いずこに。。?
地道にではありますが、今日もデモを作ってます。
待って下さる方が居る事の有難さ。
メルシーメルシーメルシー。
でも何回重ねても、言い尽くせないよ。。
松井優子

アンティークレース日和

photo.jpg

暖かい雨?
昨日は雨音で目覚めた。そういう朝は好き。
今日は春の雨かな。
自分の新曲のデモを繰り返し聴く。
いかにして、皆様の元へ届けようか。
自分の曲を聴いて、涙が出てくるなんて、ナルシシズムの極みかと自分をなじりながらも、
でも違うの。
それ程、布地のような我が身を裁ちさばいているから。
自分が美しい物をみたいから。
出来たら美しい乙女の身体に、上等のレースみたいに纏わりついて、その御身足を、彼女の日々を彩りたい。それだけ。
松井優子

腹が減っては

photo.jpg

戦は出来ぬ。
何と戦うんでしょね、老婆めは。
ひとりよがり、ひとりあそび、ひとりよりふたり。
古池に飛び込む蛙のごとし、勇気を持て、小さき我が身よ。
松井優子

<< December 2021 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
recent comment

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115