Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/0/chicappa.jp-matsuiyuko/web/blog/class/View.php on line 25

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/0/chicappa.jp-matsuiyuko/web/blog/class/View.php on line 30

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/users/0/chicappa.jp-matsuiyuko/web/blog/class/View.php:25) in /home/users/0/chicappa.jp-matsuiyuko/web/blog/class/View.php on line 81

乙女は時に饒舌に

photo.jpg

ふうっと、充足の溜息。
才能がある方は、眩しい。美しい。素晴らしい。
少しでも、近づきたくて。
自らを奮い立たせて、相応しい人物になれ!老婆め!
未知な事で、心が揺れ動くからこそ、人生は辛く愉しいのね。
滲む瞳で、ニヤける。
松井優子

『月灯りのペーパードール』のように

photo.jpg

「来い 濃い宵闇
今宵も暗い
それでも私は会いにゆく
一目見たくて 会いにゆく
会いにゆく」
胸がザワザワ
騒ぎだす
松井優子

『昼の少年と夜の少女』

photo.jpg

ジョージマクドナルド著
『昼の少年と夜の少女』
とっても素晴らしい物語。
マクドナルドはイギリス児童文学の礎を築いた人物で、彼に影響受けた作家は指輪物語のトールキンや、ナルニア国物語のCSルイスと、数限り無い。
そして、かのルイスキャロルとも親交があり、不思議の国のアリスの最初の読者はマクドナルドの子供たちだったそう。
『昼の少年と夜の少女』
は、特に自然に対してのマクドナルドの畏怖や愛の表現が美しすぎて、その発想力や、描写に圧倒される。
今は彼の物語に虜の老婆にございます。
彼を知らずして生きてきた自分を洞窟に閉じ込めたい気持ちです。
そのマクドナルドの妻と子供たち、そしてルイスキャロルのメモリアルな一枚。
松井優子

誘惑

photo.jpg

素敵な面白い事を計画したいのけれど、
憧れの才能の可愛いあの方をどう誘えばよいかしら。
嗚々、勇気を下さりませ!
この歳になっても、弱腰テイタラク。
松井優子

遠き唄った日

photo.jpg

メルシー、メルシー、メルシー。
皆様の励ましが、どれだけこの老婆めを救ってくれるか、お見せできないのが、残念極まりないです。
また素敵な写真を撮って貰えるように、早くライブが決まればいいんだけれど。。
もう少しお待ち下さりませ。。
嗚々、私も早く歌いたい!
曇り空。チェリーパイ。またまたデモ作り。
松井優子

<< December 2022 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
recent comment

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115