「ファンタスマ」

もうすぐ11月が終わってしまう。

20101128-kate.jpg


晩秋は芸術というわけで、
茗荷谷にある東京大学総合研究博物館小石川分館で催されている、
「ファンタスマ ケイト・ロードの標本質室」
に行って来た。


小石川分館は、国の重要文化財にも指定されている素敵な洋館。



20101128-bekkan.jpg


この博物館は「驚異の部屋」と名付けられた、剥製やホルマリンの標本、本物の動物の骨格模型などの展示を常設しており
そこに架空の動物などのインスタレーションを造るアーティスト、ケイト・ロードの作品を一緒に展示し、いわば博物館と美術館、科学と芸術の融合なのだそう。

リアルとフェイクをすぐ見比べられるのが楽しく、ケイトの作品の色鮮やかさが毒々しく、眩しい。気持ち悪いんだけど、架空の動物の表情がなんだかファニーで、くすっとしてしまう。

本物の剥製や骨、ホルマリン漬けの昆虫などを見ると、頭に血が上ってきて、博物館は興奮してしまいます。
小さい頃から、恐竜を展示している博物館とか好きだったな。


さてと、トールキンを読破してしまったので、
今度はギリシャ神話に着手してみようと思フ。




松井優子

ハービー

photo.jpg

「真珠の輪」
老婆からの文が皆様に届き、感想なども頂き、嬉しい限り。
もっと、もっと届きますように。
「ハーブ&ドロシー」
こちらは、アートに人生の情熱を注ぐ老夫婦のドキュメンタリー。
二人を見ていたら、苦しくとも表現する側に立ってたいと思った。
わりと無表情気味なハーブが愛猫アーチーと戯れる時だけ、にひゃあ、と顔がほころぶのが、可愛いかった。
猫かいたいにゃ。
松井優子

めるし、メルシー

photo.jpg

皆様、コメントありがとう。
私の誕生日を知ってくれている方も居てびっくりです。
でも嬉しい。
今までの、砂の時を無駄にしないよう、自己の意志を以って、皆様に恩返したい。
本当に皆様が居てくれるから、やってこれたし、未来を創造できる。
ありがとう。
物語、語り、綴り、謳う。
届けたくて、涙は地に還る。
待ってくれる、心豊かで、優しい皆様に向けて。
松井優子

メルシー、ボクー

photo.jpg

コメント、メッセージくれた皆様、ありがとう。
また一歩踏み出す為の糧となります。
また皆様の前で歌える日を待ちわびて。
松井優子

恋文

photo.jpg

恋文届いた?
そわそわ浮き足立つ毎日です。
iTunesでも配信開始されました。
(詳しくはトップのニュースのところを見てね)
もしかしたら、今年最後の声になるかも。
またみなさんのお顔みれますように。
松井優子

<< January 2021 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
recent comment

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115