少女美学

借りぐらしのアリエッティ観て、減ったお腹をサンドウィッチで満たし
うむ、やっぱりバケットは温かい方が良い、などとつぶやいた後、
愛するホコテンの伊勢丹近くをぶらついていたらば、
大好きなお店がなくなるというぢやないか。

この大都市の流れの早さを恨みながら舐めるように、店内を物色していたら

アリスはここにいたのね。


20100728-alice.jpg



そして一路、黄色い電車に乗ってジブリの街へ行ったのさ。
大好きなガレットを食べに。
渦巻くアイスクリーム。


20100728-garetto.jpg



そしてほっこり、ハーブティを飲み、ふと壁に目をやると


20100728-girl.jpg

亜喜良さま!
渋谷の「マリアの心臓」っちゅうところで、生画を観られるという。
しかも本日まで。

そして井の頭線に揺られたら、地下の人形の内臓の中に溢れるヘヴンを左手に
少女の美学をみたのです。




松井優子

ぼくのエリ

Image773.jpg

エンドタイトル流れる中、恐ろしい、とは思わなかった。
見終わってから、視界がぼやけるのは、初めて。
銀座の街をひた走ったよ。
永遠にぼくのエリ。
松井優子

鳳凰

Image772.jpg

うだる夏。
浅草に鰻を食べに行ったらば、
スタアの手形がようけあるぢゃないか。
ひばり様。
小さな掌は、美しい空を舞ったのですか。
私も、ちゃんとした歌がうたえるように、なりますように。
松井優子

僕の子猫ちゃん

Image765.jpg

二匹が一体化
君達に憧れる愚かな人間を嗤っておくれよ。
産毛はふわふわだった。
生まれたて、は皆似てるのにね。
松井優子

郷土の森

府中の郷土の森にある、プラネタリウムに「ハヤブサ」を観に行った。


郷土の森に行ったの初めてだったのだけれど、すっごく素敵な所!
こんな場所があるなんて。
森の中に古い歴史建造物が沢山。




20100705-1kuyakusho.jpg

この建物、役所です。
今もこんな素敵なら、面倒な手続きも楽しいのに。




20100705-chouchou2.jpg


町長に就任しました。





20100705-kama3.jpg


台所もあった。
こんなの、TVでしか見たことない、と興奮!






20100705-kaidan4.jpg





20100705-kanyu5.jpg


隣の建物は薬屋さん。
肝油って昔食べてた。歯にくっつくのよね。








20100705-yakubin6.jpg



美しい薬壜棚。





20100705-puraretium7.jpg


やっとプラネタリウム。
この投影する機械の名前がプラネタリウムという事を初めて知りました。

ハヤブサ人気で大勢の方がいた。
私もにわかファンです。


プログラムのナレーションでも言っていたけれど、
人間の中に宇宙があって、人間の持つ可能性の凄さに圧倒されました。
あんな壮大な事を計画して、しかも実際にやってのける、なんて。
人間は凄い。



生と死を常に孕む宇宙。
考える度、震えて恐ろしい。
人間そのものなのかもしれない。









松井優子
<< December 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
recent comment

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114